トップ > 4つのクオリティ > 構造・安心

STRUCTURE & SECURITY構造・安心

安心安全の基本性能。
確かな未来への約束。

永住を見据えた、確かな構造設計
スラブ厚
住戸スラブ厚は約250〜275㎜に設定し、床の強度を高めるだけでなく、遮音性にも優れた効果を発揮します。
※廊下・バルコニー・水廻りを除きます。
スラブ厚
■概念図
ボイドスラブ工法
住戸のコンクリートスラブにボイドを処理することで、床の剛性を高めることにより、小梁が不要になるため空間を広く使えます。
※廊下・バルコニー・水廻り・1F床を除きます。
ボイドスラブ工法
■概念図
戸境壁
隣り合う住戸との生活音に配慮し、戸境のコンクリート壁は、厚さ約200㎜〜約350㎜を確保しました。
戸境壁
■概念図
既製コンクリート杭
杭径約600㎜〜約900㎜・杭長約19m、計32本の杭を平均N値50以上の堅固な支持地盤まで打込み、高い耐震性を実現。この地盤に対し、建物規模に応じた適切な構造を採用し、設計段階からの耐久性・耐震性を追求しています。
※エントランス棟を除きます。
既製コンクリート杭
■概念図
アウトポール設計
バルコニー側は、柱が室内に出ないアウトポール設計を採用しました。お部屋のすみずみまで利用できるので、広々とした空間が広がります。
※妻側住戸の一部バルコニーを除きます。
アウトポール設計
■概念図
せん断補強筋
建物は新耐震設計法に基づいたRC(鉄筋コンクリート)造を採用。柱に耐久性を持たせると共に、せん断破壊を軽減するため約100㎜のピッチで数多くの帯筋を入れています。
※中子筋等を除きます。
せん断補強筋
■概念図
ダブル配筋
住戸外壁は、鉄筋を二重に組み上げた「ダブル配筋」を採用。さらに外壁厚は160㎜以上(廊下・バルコニー面・MBを除く)を確保しました。
ダブル配筋
■概念図
二重天井工法
スラブと天井との間に空間を設けた二重天井にすることで電気配線、換気扇のダクトなどの配管類を納めやすく、直天井工法に比べて将来の間取り変更やリフォームもしやすくなります。
二重天井工法
■概念図
二重床
二重床に配管・配線を施すことで、直床に比べて将来のリフォームに対応しやすくしています。二重床は軽量衝撃音の遮音等級ΔLL(Ⅱ)-4相当〈メーカー表示〉の製品を採用し、遮音性に配慮しています。
二重床
■概念図
水セメント比
コンクリートの強度を左右する指標のひとつが、コンクリート調合(配合)におけるセメント量に対する水の量の重量比。数値が低いほど密実な、耐久性の高いコンクリートとなります。「ジェイグラン南福岡サンリヤン」では、コンクリートの水セメント比を50%※1以下としています。
※1 コンクリートの性質上、乾燥収縮や温度変化による伸縮に伴うひび割れが発生する場合があります(一般的に構造上の問題はありません)。
※配管ピットスラブ等の地下躯体の一部、外構を除きます。
断熱材
建物全体をくるむように、屋上や壁、床裏(住戸最下階)に断熱材を入れ、夏涼しく冬暖かい住み心地を実現。断熱性に優れた発泡硬質ウレタンフォームを、壁には約25㎜の厚さで吹き付けることで、結露も軽減します。
※一部梁を除きます。
断熱材
■概念図
耐震枠玄関ドア
地震などの力により、玄関ドア枠が多少変形しても扉が開閉できる耐震枠付玄関ドアを採用しています。
耐震枠玄関ドア
■概念図
住宅性能評価取得
「ジェイグラン南福岡サンリヤン」では、設計時に申請する設計住宅性能評価は取得済み。現場検査を経て交付される建設住宅性能評価を取得する予定です。
耐震枠玄関ドア
現場検査の要点現場検査の要点
※住宅性能評価とは、住まい選びが客観的に検討できるよう10項目について評価しており、空気環境では「ホルムアルデヒドの発散量が少ない建材を使用しているか」など、第三者評価機関が全国共通ルールのもとに、評価・表示したものです。
毎日の安心を支えるセキュリティ
365日・24時間体制の
「セキュリティシステム」を採用。
ALSOK

マンション全体の安全・安心を支えるために、最新の情報技術とコンピューターテクノロジーを駆使した365日・24時間体制のセキュリティシステムを採用しています。防犯(マグネット)センサーや火災感知器、非常通報など、各住戸のセキュリティ情報はインターホン経由でALSOKのガードセンターへ直結し、万一異常が発生した場合は警備員が迅速に対応します。もちろん、状況に応じて現場への急行も怠りません。

■セキュリティシステム(概念図)
カラーモニター付インターホン
1階エントランスの来訪者を確認できる、カラーモニター付インターホンを住戸内に設置しています。
6つの機能6つの機能
■カラーモニター付セキュリティインターホン
■カラーモニター付
セキュリティインターホン
ハンズフリー「Tebra」システム

先進のハンズフリーキー「Tebra」を採用。カバンやポケットにキーを入れておくだけで、オートロックを開錠できます。約2m以内であれば、「Tebraキー」のリモコンボタンでも開錠できます。(共用エントランスのみ)

Tebraキー(メーカー参考写真)
イメージイラスト
■イメージイラスト
エントランス
ハンズフリーでドアが開きます。リーダが検知して、エントランスドアが自動で開きます。
※認証範囲は約2mです。
イメージイラスト
■イメージイラスト
宅配ボックス
リーダに手をかざすだけで宅配ボックスの操作が可能です。
※認証範囲は約80㎝です。
イメージイラスト
■イメージイラスト
共用廊下扉
ハンズフリーでドアが開きます。リーダが検知して、ドアが開錠されます。
※認証範囲は約80㎝です。
防犯・防災にも優れた
安心・安全の玄関ドア
防犯サムターン(内部)
ボタンを押して、回すというツーアクションで使用するため、針金などで引っ掛けて回すといった手口を防止します。「つまんで回す」という従来の動作でストレスなくご使用いただけます。また、蓄光材を使用しているため暗い場所や夜間でも扉の施錠状態が確認できます。
防犯サムターン(内部)
■防犯サムターン
ピッキングに強い丸い鍵穴
丸い形状の鍵穴は、ピッキングの初期動作であるテンションをかけ難しく、また鍵穴が小さいためピッキング工具が入りにくいというメリットがあります。
鍵穴(メーカー参考写真)
■鍵穴(メーカー参考写真)
ディンプルキー
約5兆5千億通りもの理論鍵違い数を有した、不正解錠や不正複製が、極めて困難なクラビス(Clavis)F22シリンダーを採用。キーはリバーシブルで使いやすいスティックタイプのディンプルキーです。
リバーシブルディンプルキー(イメージイラスト)
■リバーシブルディンプルキー
(イメージイラスト)
鎌付デッドボルト・CP認定錠
玄関ドアに鎌付のデッドボルトを採用。鍵を閉めた時、鎌状にデッドボルト部分が出てくるため、バールなどによるこじ開け防止に威力を発揮します。
鎌付デッドボルト・CP認定錠
■鎌付デッドボルト・CP認定錠
毎日の安心を支える防災・防犯対策
AED(自動体外式除細動器)
万一の緊急事態に備え、1分1秒でも早い処置が求められる現場で救命処置を行うための医療機器「AED」をエントランス内に設置しています。
※レンタル対応予定
AED
サブロック
クレセントと合わせた2ロックでセキュリティ機能を高めます。
サブロック
■サブロック
防犯センサー
全戸の玄関ドアには、防犯センサーを設置。就寝時や外出時など、防犯センサーをセットした状態でドアが開けられると防犯センサーが感知し、「ALSOKガードセンター」に通報致します。
※一部の窓のみに設置された写真です。
防犯センサー(参考写真)
■防犯センサー(参考写真)
ルーバー面格子
共用廊下に面する窓には、外からの視線を遮りながら光と風を取り入れる面格子を設置。プライバシー性と防犯性、通風、採光性を兼ね備えています。
※FIX窓部分等は固定ルーバー面格子となります
可動ルーバー面格子
■可動ルーバー面格子
EV安全機能(トリプルドアセンサー)

エレベーターのドア周りの安全性を高めるため、3種類の安全装置を標準で搭載しています。

イメージイラスト
■イメージイラスト
カードアポケットセンサー
かごドアの戸袋付近およびドアの重なり部に赤外線ビームを照射し、ドアに近く利用者の手や荷物などを検知すると、ドアが開くのを一旦保留し、音声と液晶案内で注意喚起を行います。
イメージイラスト
■イメージイラスト
光電式ドアセンサー
乗場側に向けて、赤外線ビームを照射。ドアが閉まりかけている時、エレベータに乗り込もうとする人を検知すると、ドアが反転して開きます。
イメージイラスト
■イメージイラスト
光電式多光軸センサー
出入口のほぼ全面に赤外線ビームを照射し、目に見えない光のカーテンを張り巡らせます。その光の一部分でも遮られれば、閉まりかけたドアが反転します。閉まりかけている時、エレベータに乗り込もうとする人を検知すると、ドアが反転して開きます。
防犯カメラ
エントランスや駐車場、自転車置場など共用部分の要所に防犯カメラを設置。不審者の侵入を抑制するとともに、万一のトラブルに備えて録画もしています。※リース予定
※防犯カメラに録画された画像は、一定期間保存され必要に応じて管理組合の判断にて画像の確認、警察等の公的機関へのデータ提出を行う場合がございます。また、防犯カメラの映像はモニターによる常時監視は行われません。※防犯カメラは、犯罪の抑止効果を狙うものであり、個別の出入りや駐車車両・バイク・ミニバイク・自転車等の箇所を撮影するものではありません。
防災倉庫
1階には万一の災害や非常時に備えて、一般家庭では常備しきれない、避難・救助に役立つ工具などを揃えた防災倉庫を設置しています。

【備品リスト】

  • ハンマー
  • バール
  • ジャッキ(爪無)
  • シャベル(ミニ)
  • ロープ
  • のこぎり
  • 救急箱
  • 布担架
※掲載の内容は建物の主要構造部を表現しております。
※メーカー参考写真は実際のものとは仕様が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。メーカー参考写真以外の掲載写真はモデルルーム(Dタイプ)にて、撮影(平成30年1月)したものに一部CG処理を施しております。また、家具・調度品類・照明器具・観葉植物やオプション仕様等は販売価格に含まれません。
Copyright © JR WEST REAL ESTATE & DEVELOPMENT COMPANY All rights reserved.